当院推奨の入れ歯について

部分入れ歯をお使いの方へ

歯を失ったときに行う治療のうち、最も多い治療は、この部分入れ歯です。一般的な治療法ではありますが、「見た目が悪い」「噛む力が弱まる」「残っている歯に大きな負担をかけ、寿命を縮める」などの欠点があります。

それを克服できる部分入れ歯とは?

1.ナチュラルデンチャー

  • ナチュラルデンチャー金属のバネがないため、見た目がきれいで、入れ歯と気づかれません。
  • 金属のバネに比べて、歯と一体化しているため、ねじれがなく、隣接歯への負担も少ないです。(側方力がかかりにくくなる)
  • 吸水性がほとんど無いため、汚れ・臭いの発生が少ないです。
  • やわらかい素材でできているので、装着時の違和感が少ないです。

2.金属床(床とはあごに触れる部分のことです)

  • 金属床金属床にすることで丈夫になり、外れにくくなります。
  • 金属で薄く作れるので、食事もつっかえずに美味しくいただけます。
  • 金属なので細菌が付着しずらいため、プラスチックの入れ歯と比べて、むし歯や歯周病へのリスクが軽減します。

3.超硬質レジン歯

  • 超硬質レジン歯歯を超硬質レジンにすることで、サクサクと噛み砕くことができるため、食事のしやすさが格段に上がります。
  • 弱い力で噛み切ることができるため、粘膜への負担が軽くなります。また、噛み切ることで、咬合力が回復することもあります。

したがって、

ナチュラルデンチャー + 金属床 + 超硬質レジン歯
ナチュラルデンチャー+金属床+超硬質レジン歯=合計金額25万円税込

が、理想の部分義歯といえるでしょう。

【部分入れ歯の料金はこちら】

総入れ歯について

総入れ歯をお使いの方へ

すべての歯を失ったときにこの総入れ歯が必要になりますが、総入れ歯の問題点は、はじめのページにも書いたとおり、痛い外れるしっかり噛めない笑えないなどがあり、多くの総入れ歯の方が悩んでおられるのが現状です。

それを克服できる総入れ歯とは?

1.シリコン床

  • シリコン床歯ぐきにかかる圧力を軽くするので、噛むときの痛みを和らげます。
  • 入れ歯と歯ぐきの間でクッションとなって、しっかりと噛めます。
  • シリコーンが吸盤のような働きをして、入れ歯を外れにくくします。

2.金属補強

  • 金属補強金属補強にすることで丈夫になり、ピタッと吸い付くことで、外れにくくなります。
  • 金属で薄く作れるので、食事もしやすく美味しくいただけます。
  • 向かい側の歯がご自分の歯の場合には噛む力が強くなるので、金属補強はお奨めです。

3.超硬質レジン歯

  • 超硬質レジン歯歯を超硬質レジンにすることで、サクサクと噛み砕くことができるため、食事のしやすさが格段に上がります。
  • 弱い力で噛み切ることができるため、粘膜への負担が軽くなります。また、噛み切ることで、咬合力が回復することもあります。

したがって、

シリコン床 + 金属床加工 + 超硬質レジン歯
シリコン床+金属補強+超硬質レジン歯=合計金額23万円税込

が、理想の総義歯といえるでしょう。

総入れ歯の料金はこちら

←前のページへ
超精密入れ歯システムの採用
PageTop 次のページへ→
入れ歯に関するQ&A