高品質な入れ歯の条件

高品質な入れ歯に必要な条件

良い入れ歯とは、

【はずれにくい】 【痛くない】 【きちんと発音できる】 【よく噛める】

以上の条件をすべて兼ね備えた入れ歯だと考えます。
しかし、そういった入れ歯はどのようにして作ればいいのでしょうか?

たった1つの入れ歯を作るのにも、型取り、噛み合わせ調整、人工歯の再現など、多くの作業工程があり、ザッと計算してもこだわらないといけないポイントは、私にとって100以上あります。

つまり、「はずれにくい」「痛くない」「きちんと発音できる」「よく噛める」ような
精密な入れ歯を作るために必要なことは・・・

この1つ1つの作業工程を、こだわりをもって正確に根気よく行うことなのです。

表現にすると、ひどく当たり前に聞こえるかもしれませんが、合わない入れ歯を作る、いわゆる入れ歯が上手くないドクターの特徴は、出来上がってからセットするときに調整しすぎるのです。それは、入れ歯が出来上がるまでの作業工程を適当にしているに他なりません。

では、札幌入れ歯センターの一つ一つの作業工程について説明していきましょう。

←前のページへ
入れ歯とアンチエイジング
  次のページへ
初診時の流れとこだわりポイント→