入れ歯は長持ちしない?

最近、インプラントのサイトで、治療ごとの寿命について書かれているのを見かけます。

保険外入れ歯のメリットそのサイトの中には(インプラントのサイトです)一般的に知られている平均寿命は、「インプラントは15年持ちこたえる」「ブリッジは7年」「入れ歯は5年」と言われているとのことでした。そして、この寿命の話の続きに、「長持ちするインプラントにしましょう」とか「入れ歯を作るにしても長持ちしないから、保険でいいですよ」などが書かれているわけです。

確かに、もっともな意見に聞こえてしまいますが、こうしたホームページをみられている患者さんが混乱なさるので、反論したいと思います。

まず、寿命が持たないとするのは、正確な数字ではありません。仮になんらかの統計でブリッジは7年、入れ歯は5年としたとして、来院される患者さんが統計のベースになりますね。したがって、トラブルが出てきた人ばかりを集めての平均値になり、トラブルの出てない人たちは含まれていないわけです。

次に、寿命とされる定義についてですが、インプラントの場合の寿命は、インプラント歯周炎などにかかって抜け落ちたり、膿が出たりし、その後は、インプラント除去後、骨が出来上がるまでしばらく待つか、インプラントができない状態になるかのどちらかです。ブリッジの場合の寿命は、支台となる歯が揺れてきたり抜け落ちたりして、新しく大きなブリッジにするなど、そのブリッジは使えなくなるということになります。入れ歯の場合の寿命は、口の中が変化することにより、うまく合わなくなり使えなくなったという理由が多くあります。

このような「口の中が経年変化して合わなくなった」場合、唯一、入れ歯だけがリフォームして調整をすることが可能です。人間の体は年とともに変化することは当たり前ですから、逆に今使っている物をリフォームして使えるようになることは、むしろメリットとして言えるのではないでしょうか?

しかし、大前提としては、インプラントにしても入れ歯にしても、しっかりとした設計をしているかに尽きると思います。

←前のページへ
インプラント?or入れ歯?
  次のページへ→
入れ歯とアンチエイジング