初診時の流れとこだわりポイント

良い入れ歯が出来るまで

入れ歯の簡単な型採り

既製トレーまず、お口の中を診察させていただきます。もし、現在使用している入れ歯に不具合があれば調整させていただきます。その後、右図のような器具を(既製トレーといいます)使って上下とも簡単な型採りを行ないます。

精密な型採りをする為のトレー作成

型採りへのこだわり

良い入れ歯の為のトレー個人トレーを作ります。

通常の歯科治療では決められた枠で歯型を採りますが、当院ではそれぞれの患者さんのお口に合った枠を作成した上で歯型を採っていきます。

精密な型採り

個人トレーで再度精密な印象をとります。

咬み合わせを採る準備

材料へのこだわり

精密な入れ歯作成の為のシリコン印象シリコンを用いた型採りを行います。通常使われている型をとる材料であるアルジネートに比べてより精密に型を採ることが可能です。特に入れ歯の場合、辺縁部とよばれる、入れ歯のフチの部分は人それぞれで微妙に凹凸があるものです。シリコン印象であればそれらを忠実に再現でき、より精密な入れ歯の作製が可能になります。

咬み合わせの採得

最終的な印象から起こした模型上で右下図にに示す歯のない入れ歯のようなもの(咬合床といいます)を作製し、上下ともお口の中に挿入します。この段階で床の粘膜面は完成する入れ歯とほぼ同じ形態になっています。そして唾をうまく飲めるかなど機能面と、顔つきなど審美面を参考にして、入れ歯の高さを決定します。

高さの決まった咬合床を再度お口の中に挿入し、下あごをいろいろ動かしていただきます。一番安定して下あごが落ち着く位置が、水平的な顎位になります。

この位置でもう一度、咬み合わせを採ります。

咬み合わせへのこだわり

理想的な咬み合わせの為の装置咬合床(こうごうしょう)といって、理想の噛み合わせの高さをろうそくに使う蝋(ろう)とプラスチックを使ってお口にあった装置を作って噛み合わせの高さや水平位置を調べます。

試適

咬合器上で咬合床の蝋(ろう)の部分に歯を並べ、再度お口の中に戻して咬み合わせにくるいがないかをチェックします。また、このとき前歯の並び方に何か希望があれば直せますので遠慮なくおっしゃってください。

最終的な入れ歯の作成

入れ歯専門技工士との連携

入れ歯専門技工所が作成した模型通常のかぶせ物などとは別に、入れ歯専門の技工所と連携を組んでいます。連携といっても、ただ模型を提出して持ってきてもらうだけの関係ではありません。綿密に話し合って、難症例の場合は技工士立会いのもと、咬み合せや歯並びの調整を行うこともあります。

装着

いよいよ、入れ歯の完成です。粘膜面に強く当たるところはないか、咬み合わせにくるいはないかをチェックします。実は入れ歯作りはここからが佳境に入ります。患者さんは使用してみて不具合があれば遠慮なくおっしゃって下さい。患者さんと私どもでよりお口に合うように調整していきましょう。

一人ひとりへの入れ歯のオーダーメイドという認識を!

目立たない入れ歯の症例当然ながら、患者さんのお口の中は、一人ひとり全く異なります。また、噛み方や癖、食べ物の嗜好など、その方の生活をイメージして作成をしています。それをイメージすることこそ、完成後に患者さんが豊かな生活(=QOLの向上)が実現するのです。入れ歯の完成だけをゴールに見据えているとこれは達成されません。

 

 

 

 

自分にあった、良い入れ歯を作製するには、約一ヶ月間の工程が必要となります。