• HOME
  • コンフォートを採用

なかさと歯科クリニックの入れ歯は他の歯科の入れ歯と何が違うのか?

大きな違いを3つご紹介させていただきます。

超精密入れ歯

1超精密入れ歯(DSシステム)の導入

コンフォートを採用

2コンフォート(生体シリコン)を採用

3良心価格による精密入れ歯

2. コンフォート(生体シリコン)を採用

コンフォートとは?

コンフォートとは、硬い入れ歯の裏面を生体用のシリコン素材で覆ったもので、シリコン素材の弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮します。
当院では、コンフォートが開発当初から導入しており、多くの患者さまの入れ歯に装着してきました。

コンフォートのメリット

入れ歯が当たる痛みが少ない

歯ぐきと接する部分がシリコン素材になることで、クッションの役割を果たします。
固い義歯床が歯ぐきや口内の粘膜に当たって痛むという不快感や、トラブルを軽減することができます。

※口腔粘膜の弾性率(やわらかさ)が0.66〜4.36MPaに対して、コンフォートの弾性率は、薄い粘膜に近い0.82MPaのやわらかさ。
通常の硬いプラスチックの入れ歯で、歯ぐきに局部的にかかりがちな負担をやさしく緩和します。

痛みが少なく、よく噛める

固い義歯床では、食べ物を噛むときなどに圧力がかかると、さらに痛みを感じやすくなってしまいます。
そこでシリコン素材にすることで、圧力が軽減し痛みが少なくなります。
入れ歯にしてから食事がストレスになっていた方でも、ストレスから解放されて食欲が以前のように復活したというお話も、患者さまからよくお聞きします。

吸着力があり、外れにくい

シリコン素材は、通常の義歯床と比べて適度な弾力感があり、歯ぐきとしっかり吸着します。
顎の骨が吸収されて少なくなり、顎堤(歯茎の盛り上がった部分)がない場合でも入れ歯が比較的安定しやすくなります。

コンフォートのメリット

コンフォートには、抜けた場所や入れ歯の形状に合わせて色々な種類があります。

1・2本歯が抜けたときに安心して噛める。

3本以上歯が抜けたときに目立たずに噛める。

総入れ歯のさまざまなお悩みを緩和。

難しい症例も安心。
あなたの希望に合わせた入れ歯。

取り扱いの歴史が浅い歯科医院によっては、メーカーが推奨している名称「ソケット·コネクト·コンプリート·ユアーズ」で紹介しているところもあります。

当院では、コンフォート開発当初から使用しているので、部分入れ歯に用いるコンフォート、総入れ歯に用いるコンフォートとして特に名称を分けていませんが、同様にあらゆるタイプの入れ歯にコンフォートを装着することが可能です。

入れ歯相談のご案内

なかさと歯科クリニックでは、患者さまが抱えていらっしゃる入れ歯のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けています。
どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。

なかさと歯科クリニック 監修

入れ歯が外れる・痛い・噛めない・壊れた・しゃべりづらい

そんな、入れ歯のお悩みを解決します!

札幌なかさと歯科入れ歯専門サイト

電話番号 011-582-8000
お気軽にお問い合わせ下さい
住所 札幌市南区澄川5条11丁目8番3号(駐車場有)
診療時間 9:00〜12:00 14:00〜18:30
休診:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
診療時間
9:00~12:00
14:00~18:30 / /

休診:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
その他の休診日はカレンダーをご確認ください。

メールでのお問い合わせはこちら

相談風景